体臭コンプレックス!その臭い、もしかして要注意かも!?

2014/08/17ニオイ・汗コメント(0)

 C1408131

 

 

 

夏が近づくと、テレビにはその年の新デオドラント商品がお目見えします。

汗をかきやすくなると、体臭が気になるという方がそれだけ多いという事の表れなのでしょう。

 

体臭は自分自身よりも、実は周囲が敏感に感じ取っているもの。

もしあなたが「気になるなあ」と思った時には、既に家族や同僚に不快な思いをさせてしまっているかもしれません。

 

 

 

臭くない?それが思い込みだったら…

 

なぜ自分の体の臭いは、自分では分かりにくいのでしょうか?

 

それは体臭がずっと自分から発していて、常に嗅いでいる臭いだからです。

どんなに良い香りのルームフレグランスでも、いつの間にか鼻が慣れてしまって最初のような感動

が無くなってしまった…なんて経験ありませんか?

 

自分の体臭にも同じように、「慣れ」が生じてしまうのです。

 

 

簡単に出来る体臭チェックをご紹介!

 

C1408132

 

 

もしかすると…と不安のまま過ごすよりも、今すぐ出来る簡単な体臭チェックを試してみませんか?

 

一番簡単な方法は、汗をかいた時に臭いがしやすい場所をティッシュで拭きとり嗅ぐことです。

ワキの下やヒザの裏、または耳の後ろは体臭が立ちやすく、鼻から距離があるので分りやすいでしょう。

 

この時に「臭い」と感じたら、周囲は既に体臭を感じている可能性が高いのです。

 

 

コスパも安全性も優秀!簡単なにおい対策法とは?

 

C1408133

 

 

体臭の中には病気が原因の場合もありますが、通常の体臭は汗をかいた時に体の表面で増えた雑菌が悪臭のもとを作ることが原因で起こります。

体臭をコントロールするためには、汗を抑える事と菌を増やさない工夫が必要です。

 

ここではミョウバンを使った体臭ケアをご紹介します。

ミョウバンはナスのお漬物の発色にも使われる食品添加物です。

スーパーやドラッグストアで簡単に、しかも100円程で買う事が出来ます。

 

このミョウバンを水50:ミョウバン1の割合で混ぜ、ミョウバン水を作ります。

 

こうして出来たミョウバン水は酸性で、臭いのもとを作り出す雑菌を抑える働きがあります。

また、ミョウバンに含まれる金属成分と臭いのもとが化学反応を起こすと、消臭作用が起こります。

もっとも嬉しいのは、ミョウバンにはお肌を引き締める効果があり、制汗作用があるだけではなく、肌表面も滑らかに整えてくれる点です。

 

 

体臭がコミュニケーションの妨げになってしまう前に

 

体の臭いはどんなにきつく感じても、なかなか当人には言えないもの。

もしかすると、周囲に迷惑をかけっぱなしのまま知らず知らずに過ごしているという事にもなりかねません。

 

コミュニケーションマナーや大人のたしなみとしても、自分の体臭を知りコントロールしていくことが大切です。

PAGE TOP ↑