ぽっちゃりコンプレックスをカバーする服のポイントとは?

2014/08/31ボディコメント(0)

 

 

 C1408241

 

初めて会う方の第一印象を受けるときに、服を見ない人はいません。

 

自分に似あう服を選べ、TPOも考えつつ清潔に着こなしている方は、生き方や仕事ぶり・人柄までワンランク上に見えるものです。

 

そんなおしゃれ上級者にはなれなくても、気になる体型のコンプレックスをカバーしてくれる服と出会う事が出来たなら、大きな自信につなげることが出来ますよね。

                        

ここではぽっちゃり体型のコンプレックスをカバーしてくれる服選びのポイントについてご紹介していきます。

 

 

 

よかれと思ったゆるシルエットが、見た目体重を増加させています

 

ぽっちゃり体型が気になると手を出しがちになるのが、ゆるいシルエットのチュニックやロング丈Tシャツ、ワンピースです。

ところがこれ、実はますます太って見えてしまう危険アイテムなのです。

 

人の目には、隠されて実際に見えないものを「これくらいかな?」と脳内で変換し認識する機能があります。

ゆるシルエットのアイテムを着ると、トップバストからストンと下に布地が落ちて見えてしまうので、目は「体全体の太さもそのくらいなのかな?」と誤った情報を脳に送ってしまいます。

 

これではコンプレックスを解消するどころではなくなってしまいますね。

 

 

メリハリをつけた着こなしでスッキリスマートな印象に

 

ぽっちゃりコンプレックスをカバーするためには、メリハリを意識した着こなしがとても大切です。

 

中でもここ最近流行のクロップドパンツ(7分丈程度の長さ)やロールアップの出来るシャツは、手首と足首を見せつつ、脚や腕の太い部分は隠してくれるお助けアイテムです。

 

またウエストラインを強調することで、Xラインのシルエットが出来、ボディラインに適度なメリハリがあるように見せる事が出来ます。

Xラインはウエストをベルトでマークしたり、服のデザインを吟味したりすることでも手に入れることが出来ます。

ウエストから下がフレアスカートのように広がるペプラムデザインのトップスも、Xラインを作る手助けをしてくれますね。

C1408242

 

 

タイトスカートも選び方次第では強力な助っ人に

 

タイとスカートは太ももが気になる方にとって敬遠しがちなアイテムですが、女性の丸みのある体を美しく見せるスカートとしてこんなに優秀なものはありません。

 

 

C1408243

 

 

タイトスカートを上手に選ぶ為には、1に試着2に試着。

実際にはいてみることがとても重要です。

 

 

PAGE TOP ↑