心配性コンプレックス!悲観的な性格を改善する3つの方法

2014/11/21考え方コメント(0)

C1411171

 

 

パニック症候群、不安障害、過呼吸など、度を越した心配性は様々な病気のリスクを増やします。

自分が考える不安の90%は現実には起こらないとうデータもあります。

この3つの方法で悲観的な性格を改善しましょう。

 

 

不安を肯定的に受け止める

 

生きている限り、未来を予測する事はできません。不安は誰もが感じて当然です。自分の不安を肯定して認めてあげましょう。不安に思う自分を恥ずかしがらず、当然の行為だと認めるのです。

 

自分を認め、肯定する。それだけで心の疲労感を取り除き、安らかな人生を送れるようになります。

 

C1411172

 

 

人生に感謝する

 

人間いつ死ぬか分かりません。今現在、呼吸して、健康体で、食べ物も仕事もあるなんて、それ自体がミラクルな出来事です。

自分の環境に感謝して、周りの人にも親切にする習慣をつけましょう。情けは人のためならず、人を幸せにすれば、自分にも幸せが訪れます。

感謝の気持ちを忘れず、穏やかな気持ちを大切にしましょう。

 

 

今に集中する

 

未来は誰にも分かりません。しかし今現在やっている事が、将来に繋がるのは確実です。今を精一杯頑張りましょう。

今日1日、自分に出来る事をきちんとこなして、家に帰って心地よい満足感に浸りましょう。1日1日を誠実に過ごす事は、心の平安と未来への不安を取り除きます。

後悔しない人生を送る事が、不安を静め、自分に自信をつける一番確実な方法です。

 

C1411173

 

 

いかがですか。不安は誰の心にもあるものです。むやみに心配しても、それが起こるかどうかは誰にも分かりません。それならいつ起こっても後悔しない様に、毎日の生活を精一杯楽しみ、頑張りましょう。目標があるならそれに取り組み、夢があるなら叶える努力をして下さい。今やるべき事に集中し、夢中になれば、不安を感じる時間などなくなるはずです。

PAGE TOP ↑