料理コンプレックス!美味しい食事をササッと作るための3つのコツ

2014/11/23趣味コメント(0)

C1411191

 

 

健康の為にも毎日食事は手作りしたい、分かっているけどはっきりいって大変です。時間と手間がかかるし、毎日献立を考えるのも面倒くさいですよね。

 

そんな料理コンプレックスをなくす3つのコツをご紹介しましょう。

 

 

半分は手作り・半分はプロの味

 

料理を下ごしらえからしようと思うから大変なのです。市販のルーやソースを上手に利用しましょう。切って炒めるだけ。煮立てて混ぜるだけといったレシピをいくつか覚えておくと料理を考える手間が省けます。

 

簡単に出来て美味しい食事は、味付けをプロに任せる事。ルーやソースを市販の物を使えば、それなりに美味しく、失敗は少ないといえます。その味付けを覚えて、徐々に自分でも作れるようにすれば良いのです。

 

 

料理器具を味方につける

 

C1411192

 

 

みじん切りや撹拌(かくはん)作業は時間と手間がかかります。そんな時はフードカッターやフードプロセッサーにお任せしましょう。食器洗い機や焦げ付きがすぐ取れるおなべがあれば、後片付けも楽々です。

 

手間ひまを省くために料理器具を味方につけましょう。これだけでも料理コンプレックスが半減するはずです。面倒な部分を減らし、楽しい部分だけに集中する、それが料理を楽しく行う秘訣です。

 

 

作りすぎたらお裾分けを

 

C1411193

 

 

最近はやらない人が多いようですが、料理の腕を上げるには他人のコメントが一番です。「これ、作りすぎたので…。」と知り合いや友人にお裾分けしてみましょう。料理のレシピ交換にもなりますし、他人に「美味しい!有り難う。」と言われるとモチベーションも上がります。

他人が喜んでくれると嬉しいですよね。週末に料理を持ち寄っておしゃべりするポッドラックパーティをしても良いでしょう。

 

 

いかがですか。料理は他人に褒められると楽しくなります。人間関係も広がりますから、是非コンプレックスをなくして、色んな料理に挑戦して下さい。

PAGE TOP ↑