病気コンプレックスに打ち勝つ!気持ちを前向きにする方法とは

2014/11/26考え方コメント(0)

C1411211

 

 

病気の辛さはなった人にしか分かりません。身体が不調だと気持ちも沈んでしまいますよね。

毎日を前向きに明るく生きて行くために、何か良い方法はあるのでしょうか。

 

病気コンプレックスに打ち勝つ方法を探ってみましょう。

 

 

良い事日記をつける

 

病気になると、毎日のちょっとした出来事でも感謝するようになります。その気持ちを日記に書いて残しましょう。

読み返した時に気分が明るくなる、「良い事日記」をつけてみましょう。いつも気分をポジティブにするには、書く、読む、見る、聞く、といった五感を利用するのが一番です。

ポジティブな行動をして日記に書いて、それを口に出して読んでいると、なんだか自分は凄い人間だ、と思えてきます。

 

C1411212

 

 

笑う回数を増やす

 

笑いは免疫力を高め、肉体の治癒力をアップすると言われています。楽しい事を沢山経験して、多いに笑いましょう。

漫画や映画、お笑いの動画などを利用すれば、外を走れなくても、ベッドの中で笑う事は出来ます。本や映像から経験出来る事は沢山あります。毎日ダラダラと人生をムダにするよりも、本や映画を沢山観て笑える人生の方が豊かな生き方かもしれません。

自分に出来る方法で、毎日の生活に笑いを取り入れてみて下さい。

 

 

ペットを飼う

 

散歩するのが大変なら、猫を飼うと良いでしょう。猫を抱いているだけで、その手触りに心が癒されます。

猫セラピーという本格的な癒し効果がフランスでは認められています。猫を撫でると発するゴロゴロという音は、人の心を癒す作用があるそうです。

その他、犬やうさぎといった直接触って抱きしめられるペットがいると、それだけで生活に張り合いが出ます。自分がいないと死んでしまう、そんな相手がいる事で、病気に打ち勝つ気持ちが起こるはずです。

 

C1411213

PAGE TOP ↑