辛い肩こりとさよならしたい!肩こりを引き起こす意外な原因とは

2014/12/20カラダの不調コメント(0)

C141215

 

 

たかが肩こり、と思ってほっておくと、様々な身体の不調に気付きにくくなります。

身体のこりや痛みはストレスからきていることもあるのです。

改善しないとやるきが出ない、元気が出ないといった精神的不調にもつながりますから注意が必要です。

 

 

女性に多い冷え症

 

手足が1年中冷たい、冬はホカロンが手放せない、という女性は年齢に関係なく多いハズ。特に冬は寒いと身体がかじかんで固くなりがちです。冷えると血行が悪くなり筋肉がこわばりますから肩こりが起こりやすいのです。

 

背中の上部にある僧帽筋と呼ばれる筋肉は、男性に比べて女性は薄く弱いので筋肉に負担がかかり肩こりの原因になるとも言われています。なるべく腕をぐるぐるまわすなどして血行を良くし、冷え症対策をする事が大切です。

 

 

ファッションにも気をつけよう

 

重たいジャケット、コートを着たり、重いカバンを毎日持って通勤していると、肩に非常に負担がかかります。

上着はなるべく軽くて温かいダウン素材がお勧めです。バッグよりもリュックサックの方が身体には負担になりません。マフラーやショールを利用して、肩や首を冷やさない工夫も肩こりの予防に効果があります。

 

洋服の重さに気をつけるのはもちろんですが、ネックレスやイヤリングと言ったアクセサリーもなるべく軽い素材を選ぶと良いでしょう。

 

 

生理前は要注意

 

生理前は女性ホルモンが変化するので体調も乱れがちです。血行も悪くなりますから、特に肩こりは起こりやすくなるのです。

デスクワークの途中に軽いストレッチをしたり、お腹に優しいホットミルクや蜂蜜レモンなどの身体に良いドリンクを飲むなど、いつもより身体をいたわる事が大切です。

 

肩こりのひどい場合は吐き気が伴う場合もあります。生理前は無理せずゆっくり身体を休め、早めに就寝するのがポイントです。

PAGE TOP ↑