最近スマホブスが急増中?最近お肌が荒れている…と悩んでいる人に緊急レスキュー!

2015/01/21ライフスタイルコメント(0)

C1501071

 

 

スマホやパソコン画面からでるLEDのブルーライトは、紫外線同様、活性酵素を発生させるため、お肌にダメージをあたえるとか。

加えて視力も低下させますから、目の周りのしわの原因にもなります。

美肌を保つために、美肌対策を実行しましょう。

 

 

一瞬で潤うラップ対策

 

美容液やオイルで顔をマッサージした後、鼻呼吸ができるように上下に分けて顔にラップでパックをしましょう。

お風呂の中でやると効果もアップ。15分程度で、潤い肌を取り戻せます。

 

 

鎖骨を指圧して血流促進

 

顔の近くのリンパが集まる場所を指圧すると、血流が促進して顔色も良くなります。毒素を排出する作用もありますから、一石二鳥。特に鎖骨を指先でグリグリと指圧すると効果的です。

ちょっと痛いと思う位の力で指圧するのがポイントです。

 

 

スマホ疲れには温冷湿布

 

スマホの見過ぎで疲れた目元を癒すには温冷湿布が効果的。時間がなければ、市販されている“じんわり暖めるアイマスク”でもOK。

目の周りの皮膚は薄いのでしわやくすみが出やすい部分です。特に寝る前にスマホを見ると目を酷使する原因になりますから程々にしてください。

 

 

頭皮もみでリラックス

 

くすみやむくみは血行不良が原因です。特にスマホのブルーライトの刺激は肌を痛め、顔全体の神経を神経を休ませてくれません。時々スマホから目を離して頭皮をゆっくりとマッサージしてみましょう。

 

ゆっくりと頭皮をもみこむと、神経も癒されリラックス効果を高めます。額の生え際から頭頂部、首の後ろとまんべんなくもみこんで、顔と頭の神経を休める事も美肌にとっては重要です。

 

いかがですか。くれぐれもスマホの使い過ぎには注意して下さいね!

PAGE TOP ↑