老化なんか怖くない!アンチエイジングや老け顔コンプレックスに効果が高いMSMとは?

2015/02/01フェイスコメント(0)

C1502011

 

 

MSMとは、正式名称をメチルスルフォニルメタンといいます。もともと体内にあるイオウ元素で構成された成分です。

骨や皮膚などの健康的な体の組織をつくることに欠かせない成分です。

 

*MSMの特徴とは

 

 

代謝を上げる若返り作用

 

MSMには細胞組織に必要なコラーゲンを健康に保つ働きがあり、もともと人間の副腎、母乳、尿などに含まれています。

MSMに含まれるイオウはたんぱく質の成分として、皮膚を強くし、髪にツヤを与え、健康的な爪の生成に働きかけます。また、糖質や脂質の代謝に働くために体を温め、体全体の新陳代謝を高める働きをしてくれます。

 

 

間接痛、炎症抑制作用

 

MSMに含まれるイオウ化合物には、痛みや炎症を鎮める効果が期待されています。ズキズキと痛い関節炎やリウマチといった関節の痛みを抑える働きをしてくれるのです。

しかし体内にあるMSMは加齢とともに減少します。サプリメントとしてグルコサミン、コンドロイチンなどと一緒に摂取し、生活に適度な運動を取り入れることが大切です。

 

 

アレルギー疾患、解毒作用

 

年を取ると免疫力が低下して、風邪やアレルギー性鼻炎、花粉症などになりやすくなります。

MSMに含まれるイオウには解毒作用があるので、肌のトラブルや体内に取り込まれた有害ミネラルを排出したり、肝臓から作り出される胆汁の分泌を助ける働きをしてくれます。

 

加齢とともに体内のMSMは減少していきますが、新鮮な果物や穀類にMSMは含まれています。トマト、牛乳、チーズ、キャベツなどを積極的に食べるようにしてください。

PAGE TOP ↑