汚部屋コンプレックス!片付けられない自分をリセットする方法とは

2015/03/18ライフスタイルコメント(0)

C150308

 

 

ものすごく汚くても大丈夫、何回言われても片付けられない、こんな人は実は親からの遺伝も影響していると言われています。

しかし諦めてはいけません。解決する方法はあるのです!

 

 

強く意識しよう

 

あるリサーチ会社が調べた所、汚部屋に住んでいる人の中には自分の部屋が汚いと認識している人は少ないという結果がでたそうです。

自分の部屋がどんなに汚いかを、まずは強く意識してください。写真に撮ってまわりの人に「この部屋どう思う?」と聞いてみても良いでしょう。

まずは自分が汚部屋女子だと周囲の人に知らせる事も有効です。

 

 

毎日3つ捨てよう

 

全部片付けようとするから挫折するのです。毎日とりあえず3つ捨てる習慣をつけましょう。目的を達成するには小さな事を積み重ねて習慣化するのが一番です。

「今日は台所のゴミを3つ捨てよう」「明日は雑誌を3冊捨てよう」これを続けていると捨てるという行為が習慣になります。まずは3つ捨てる習慣を身につけましょう。

 

 

お金を持ち歩かない

 

部屋が汚い人はお金にもルーズです。思い切って余分なお金を持ち歩くのはやめましょう。衝動買いすればするほど部屋にゴミがあふれるのです。

物を増やさない一番のコツは“買い物をしない”こと。必要のないお金は持ち歩かないようにして下さい。

 

いかがですか。汚部屋が習慣になっている人は、ゴミと必要な物の分別ができない人がほとんどです。まずは持ち物を減らしましょう。

自分の部屋が汚いと、それだけで良い運気を逃す原因になります。毎日小さなもので良いので、捨てる習慣を付けてください。

PAGE TOP ↑