乾燥肌コンプレックスにさようなら!あっという間にしっとり肌になるテクニックとは

2015/03/23ライフスタイルコメント(0)

C150310

 

 

カサカサの乾燥肌は、しっかりと保湿しないと赤くなってアトピーや他の皮膚疾患を引き起こす原因になります。

きちんと完治させるには、外側からのケアよりも、体の内側からケアする事が大切です。

 

 

ネバネバする食べ物を食べよう

 

納豆、オクラ、長芋など、ネバネバする食品を積極的に食べましょう。ネバネバする食べ物は、体の免疫力を促進させ、体の中の水分を保つ働きがあるのです。

特に納豆にふくまれる納豆キナーゼはダイエット、美肌成分として申し分ありません。ぜひ毎日食べる様にしてください。

 

 

毎朝白湯を飲もう

 

体の老廃物を排出させ、体の新陳代謝を良くする事で、肌に天然の保湿成分が分泌されます。毎朝起きたら白湯を一杯飲む習慣をつけましょう。水をいきなり飲むと体を冷やす原因になります。

 

人肌程度に暖めた白湯をゆっくりと飲むと、体の内蔵を目覚めさせ、寝ている間に溜まった内蔵の老廃物を自然に排出してくれます。適度な水分補給にもなりますから、健康にも良いので習慣にして下さい。

 

 

体を洗いすぎない

 

乾燥する冬の時期は、汗をあまりかきません。お風呂に毎日入るのは体の代謝を上げますから健康的ですが、毎日ゴシゴシ体を洗わない様に注意しましょう。さっとこする程度で十分です。

朝の洗顔も水で簡単に汚れを流す程度で大丈夫。乾燥する時期は体から天然の保湿成分が分泌され、肌のバリア機能を強化します。

自然治癒力を損なわないよう、洗い過ぎには気をつけましょう。

 

いかがですか。乾燥肌は、外側よりも体の内側からのケアが大切です。毎日の食生活や生活習慣を見直すようにしてください。

PAGE TOP ↑