こんなに簡単だった!下半身コンプレックスをなくす誰でもできるシンプルな3つの方法

2015/04/12ボディコメント(0)

C1504051

 

 

辛いジョギングや食事制限をしなくても、座っていながら下半身を鍛える方法があります。

美人コンテスト優勝者もやっていたとっておきの方法をご紹介しましょう。

 

 

座りながら下半身を鍛える方法

 

これはとっても簡単です。座りながら下半身を鍛えるには、「太ももに電話帳を挟む」だけ。電話帳の重さと幅が重要なのだそうです。電話帳は幅が5cmくらいの厚さがベターだとか。会社や学校などでこっそりとこの方法を試してみてください。

 

もう一つは道具がなくても出来ます。座りながら「お尻の穴を15秒間、力を入れて締める」だけ。これは開いた骨盤を収縮させるにも効果のある方法です。暇な時間でかまいません。思い出した時に毎日10回やってみましょう。

 

 

鏡を使う方法

 

これも精神的にくるダイエット方法と言えるでしょう。それは着替える時に鏡をみながら着替える「試着室ダイエット」です。

 

スカートやパンツは必ず試着してから購入しますよね。試着室のなかで、下半身だけむき出しになった自分を見て、痩せよう!と決意した事はありませんか?

 

出来るだけ鏡の近くで着替えをする習慣をつけましょう。遠くからみるより、近くで見る方が下半身は太く見えます。より現実に自分の体をチェックできますから、簡単ですが精神的にキツいのです。毎日見るたびに「痩せよう!」という気持ちになれるはずです。

 

いかがですか。下半身コンプレックスの女性は多いでしょう。でも今日からジョギング、と決意しても腰が重いのが下半身デブの特徴です。まずはこの簡単な3つの方法を試してみて下さい。

PAGE TOP ↑