意外にあるらしい!?睡眠についてのコンプレックス

2015/05/20ライフスタイルコメント(0)

C150508

 

 

この時期になると、5月病という言葉が毎年聞かれるように、ゴールデンウィーク明けは、冬や梅雨とはまた違った憂鬱さを感じることがあるかもしれません。

朝起きることができない、夜眠れない、寝ても疲れが取れないなど様々でしょう。

 

そのようなとき、少しでも快適な睡眠ライフを送るためには、いくつか気を付けた方が良いことがあります。

 

 

湯船につかることと、適度な運動を意識しよう!

 

お風呂に入ったとき、シャワーだけで済ませていませんか?どうしても時間がない場合は仕方がありませんが、できるだけ湯船にしっかり入りましょう。10分間でも全身浴をすることで、リラックス効果はもちろん、血流が良くなり、老廃物が排出されます。

 

体が健康的に疲れるという現象は、心地良い眠りに直結します。スポーツが苦手な人でも、通勤中のウォーキングや入浴後のストレッチだけでも効果的です。

 

 

眠る前はスマホやパソコンを見ないように!

 

せっかく体を横にしても、眠る直前までスマホやパソコンの光を浴びていると、脳が冴えてしまいます。睡眠モードになったら、アロマを焚いたり、目をつぶりながら、楽しいことを考えたりする時間を作りましょう。

 

 

寝られても寝られなくても自分を責めないようにしよう!

 

寝られないときにありがちなのは、明日のためにもう寝ないとダメだ、寝られなくてどうしよう、というように焦ってしまったり、寝すぎてしまったときに、時間を無駄にしてしまったなどと、自分を責めたりすることです。

 

ネガティブな気持ちは快適な睡眠の妨げになってしまうため、体の望むままに任せつつ、心地良く眠れる空間を作ることに意識を向けていきましょう。

 

眠りは美容やアンチエイジングにとっても重要なエッセンスです。美しく健康な生活を送るためにも、自分に合った睡眠のとり方を見つけてくださいね。

PAGE TOP ↑