心も体も硬いことがコンプレックスになってしまっているかも!?

2015/05/23ライフスタイルコメント(0)

C150509

 

 

心と体がリンクしているというのは、どこかで聞いたことがあるかもしれませんし、自分でも実感する部分が多いかもしれません。

 

心が疲れてくると姿勢が歪んできたり、ホルモンや血流も正常に機能しなくなったりします。

また、肩こりが吐き気につながることもあるようです。毎日しっかりと両方のバランスを感じていきたいものです。

 

 

肩甲骨は柔軟に動きますか?

 

顔や足のむくみや肩こりはとても気づきやすいものですが、肩甲骨がないがしろにされてしまってはいないでしょうか?肩甲骨は鏡でも見えないことがあり、どうしてもなおざりになりがちです。

 

でも、姿勢の歪みや肩こりを起こす根本原因になっている場合もありますので、腕を回したり、体をねじったりしながら、こわばりを解消していきましょう。

 

 

さかさまになるメリットとは!?

 

当たり前のことですが、人は重力に従って生きています。そのため、きっちり循環をしていないと、体内の水分はどうしても下半身にたまってしまいます。

そこで、時々逆立ちや、仰向けになって、足を頭の上につける鋤のポーズをすると、肩こりや頭痛の改善、ストレス解消につながると言われています。

 

 

最近、映画や本などで泣いていますか?

 

気が付くと、忙しい毎日の中で、映画や本などが遠ざかってしまってはいないでしょうか?日常で感情に訴えるできごとが頻繁にあれば良いのですが、中々難しいのが事実です。やはり定期的に芸術やエンターテイメントに、触れてみることをおすすめします。

 

心のストレッチによって頭がすっきりしたり、視点や視野の変化を感じられたりするかもしれません。もちろん、涙を流すことはデトックスにもつながります。

 

頭では、体と心が柔軟であり、バランスを保つことが大切、と分かってはいるものの、いつもニュートラルな状態でいるのは至難の技です。

まずは、自分と向き合う時間を作り、時には体、時には心をほぐしていくと、次第に上手に年齢を重ねられるられるでしょう。

PAGE TOP ↑