声のコンプレックスがなくなれば、自分の声や話し方も好きになれる!

2015/05/27行動・言動コメント(0)

C150511

 

 

顔が見えない電話という道具は、使い方によって自分を素敵に演出できるものにもなり、また、人間関係を少しがっかりさせてしまうものにもなります。

 

せっかくならば、自分の声や話し方のポイントを理解して、電話でのコミュニケーションを豊かにしましょう。

 

 

電話での声はワントーンアップ!

 

顔を見て話しているときよりも、どうしても声が低く聞こえてしまうのが電話の特徴でもあります。そのため、声のトーンは、いつも自分が話しているよりもちょっと高いかな、というくらいがベストです。

 

相手の聞きやすさにも影響する上に、声が少し高めの方が、安心感や好意的なイメージをもたれるようです。

 

 

スピードはゆっくりめに!

 

早口になりがちな人は、特に心がけてほしい項目です。早口は相手を急かしてしまう印象があるため、普段の話し方よりもゆっくりめを意識しましょう。

 

特に電話の相手が早口な場合ほど、自分がゆっくりと話すことでペースを作ることで、焦らず対応することができます。

 

 

リズムと抑揚をしっかりと!

 

この部分も顔が見えないからこそ難しく、だからこそ大事な項目になります。客観的に自分の声を聴きながら、相手への聞こえやすいリズム感で話せているか、ナレーションのような単調さではなく、アクセントや抑揚がついた話し方になっているかを適宜チェックしましょう。

 

電話を使いこなせるということは、自分の声や話し方をコントロールできるということです。また、電話での印象で、仕事の成果や人生までも良い方向に持って行くことが可能です。電話が楽しくなったら、自分の声や話し方がもっと好きになれるのではないでしょうか?

PAGE TOP ↑