しみやほくろが増えた体にコンプレックス。自分の体を好きになろう!

2015/05/30ボディコメント(0)

C150512

 

 

日焼けをしないように毎日ケアを続けたり、基礎化粧品をしっかり使っていたりしても、しみやほくろをゼロにする、というのはたやすいことではありません。

でも、諦めて何もしないというのはもったいないことです。

 

まず、自分の生活を見直した上で、できる限り増やさないようなケアをしていきましょう。

 

 

食生活、偏っていませんか?

 

しみやほくろは、過剰な炭水化物やタンパク質、脂肪の燃焼によってできた炭水化合物が外に出ようとしてできるものです。中でも、炭水化物、白砂糖、果糖、油といった体を冷やすものは要注意です。梅干しやショウガ、酢の物など酸味や辛みのあるものを食事にとりいれてみましょう。

 

疲れた時のチョコレートは幸せですが、しみやほくろの観点からも食べすぎには注意が必要です。

 

 

ストレス、睡眠を見直そう!

 

慢性的な睡眠不足やストレスの蓄積をしていませんか?やはり、この2つは肌の大敵です。

限界に達してから休む、解放するのでは間に合いません。睡眠に関しては、せめて22時から2時の間には必ず寝るようにしましょう。

 

ストレスを溜めこまない最も簡単な方法は、毎日しっかり笑うことです。楽しいことを見つけたり、考えたりしながら過ごすことを意識してみてくださいね。

 

 

化粧品を見直そう!

 

肌はとても敏感なものです。ずっと同じものを使用していれば効果が出るものでもないですし、雑誌に載っているように、年齢と使うべき化粧品が必ずしもマッチするとはかぎりません。

 

クレンジングや洗顔、そして基礎化粧品が今の自分の年齢、生活、肌質にあっているかどうかをしっかり見極めましょう。プロのエステシャンや皮膚科で相談をしてみるという方法もあります。

 

自分の肌が変化をしていくというのは、やはり誰にとってもショックなものです。でも、それは体が一生懸命、自分の成長や生活について来てくれた証拠でもあります。大事にいたわってあげれば、突然ひどくなることはないはずです。できるところから見直して、ケアしていきましょう。

PAGE TOP ↑