パーマで髪を傷めたくない!簡単なイメチェンをしてみよう

2015/06/09ファッションコメント(0)

 C1506041

 

 

ストレートヘアの人なら、誰でも一度は、女の子らしいふわっとカールしたヘアスタイルになりたいと思うものでしょう。

ただ、パーマはどうしても髪を傷めてしまうし、お金もかかってしまいます。また、毎日パーマヘアは困る、という人はなかなかかけることができません。

 

そこで、髪を洗えば落ちてしまう、本当のゆるふわヘアの作り方をご紹介します。

 

 

定番!コテは温度に気をつけて使おう

 

髪を巻くアイテムの定番と言えば、コテです。短い時間で、思い通りに髪を巻くことができるためとても使いやすいのですが、毎日使ってしまうとパーマ以上に髪にダメージがかかります。

 

そのため、温度は130~140度に設定し、なるべく同じ場所に何度もコテを当てないように手早く巻いていきましょう。また、使わない日をしっかり設けるのもポイントです。

 

 

海外で話題!ソックカールをつけて寝るだけ

 

ソックカールは「ソックス+カールヘア」の略で、靴下を使って作るカールへアのことを言います。簡単でコテもいらないということで、海外で流行っているそうです。不要になった靴下の先端をカットしてくるくると巻き込んでいき、ドーナツ型を作っていきます。

 

そして、ポニーテールを作ったら、ドーナツ型に巻きつけていきます。根本まで巻き込んだら、あとはそのまま寝てしまってOKです。

 

 

比較的時間がある時は、カーラーが強い味方!

 

中々美容師さんのように手早く綺麗にコテが使えない、という人におすすめなのが、昔から愛されているカーラーです。比較的低い温度の熱で温めて巻くので、髪に優しく、また巻いてしまえば待つだけなので、その間に他の準備もできるので一石二鳥です。

 

気分やその時の服装に合わせて、ヘアスタイルも色々変えておしゃれを楽しみましょう。今までとはまた違う、自分の魅力が発見できるかもしれませんよ!

PAGE TOP ↑