人形のような目が羨ましい!まつげコンプレックスを解消しよう

2015/06/15目元コメント(0)

 C1506061

 

 

最近、まつげのケアの方法や、いかにアイメイクやまつげの負担になっているかということが色々な場所で言われるようになってきましたが、まだまつげ美容液だけに頼っている人も少なくありません。

 

まつげも髪と同じように、保護し、育ててあげることが大事です。

食生活やビューラーの使い方を、もう一度見直してみましょう。

 

 

タンパク質、しっかり摂っていますか?

 

まつげと髪の毛は同じ成分、タンパク質がメインでできています。なので、栄養が偏ってしまうと、タンパク質が不足し、強いまつげが育たなくなるのです。

 

動物性、植物性のものを効果的に摂り入れながら、タンパク質の合成を助ける亜鉛もバランス良く摂取しましょう。牛肉や卵、レバーにも含まれるため、貧血で悩む人にもおすすめです。

 

 

ビューラーの使い方、合っていますか?

 

カールをしっかり作るために、無意識に力が入り過ぎている場合があるので、圧をかけすぎないように注意しましょう。また、古くなったゴムを使い続けると、まつげに大きな負担を与えるため、3か月に1度は見直してみることが大切です。

 

まつげのカールの仕方は、根元・真ん中・毛先の3回に分けるのが基本です。引っ張らずに3秒ずつ押さえていうことで、自然なカールになります。

 

 

目をこすり過ぎていませんか?

 

アイメイクをしっかり落とすことは重要ですが、まつげのこすり過ぎによる摩擦で、まつげが抜けやすかったり、育てにくかったりする原因になっている場合があります。

 

花粉やアレルギーでこすりたくなってしまう気持ちも分かりますが、目薬やメガネで乗り切るよう心がけてください。クレンジングや洗顔もなるべく優しく行いましょう。

 

もちろん、これだけではなく体調不良やストレスもまつげに影響を与えることがあります。時々鏡で、まつげに変化がないかをチェックしてみましょう。

PAGE TOP ↑