増える忘れ物で自己嫌悪にならないために!できる女子をめざせ

2015/06/26ライフスタイルコメント(0)

 C1506111

 

 

自分のカバンの中の物を全て把握している人は、どのくらいいるでしょうか?

もし、何かなくなっていたら、気づくでしょうか?私たちの記憶は当然ですが、完璧ではありません。ですから、物をなくしたり、忘れ物をしてしまったりすることがあります。

 

でも、忘れ物は減らすことができます。

大事な物を忘れて自分が嫌になってしまう前に、できる限り防いでいきましょう。

 

 

カバンの整理は毎日がベスト!

 

毎日カバンを変えられたら必然的に整理をすることになりますが、そうでなくても、帰ってきたらカバンの中身を1つのトレーに出すのが良いそうです。

 

すると、無理に覚えようとしなくても、いつも自分が持ち歩いているものを意識できるだけでなく、毎日持っていたけれど実は使っていなかった物が分かり、整理整頓につながります。

 

 

バッグインバッグでカバンの中を整理しよう!

 

大きめのカバンを持ち歩いている人は、カバンのどこに何が入っているかを分かりやすくすることも大事です。グループごとに小さめのポーチや、すでに仕切りがついているバッグインバッグを活用するのも良いでしょう。

 

カバンの中での迷子を防ぐと、探時間の短縮もできますよ。

 

 

余裕を持った準備を心がけよう!

 

朝起きて慌てて準備をすることも、忘れ物を発生させてしまいます。どこに何を入れたか分からなくなってしまったり、出発する前にしまえば大丈夫、と思っていたものを入れ忘れてしまったりする場合もあります。

 

寝る前に、次の日の準備を8割しておくのが理想です。指差し確認や、声に出しながらセッティングをすることも、忘れ物防止には効果的です。

 

他にもチェックリストを作ったり、初めから少なめに持ち歩いたり、と工夫をしている人もいるようです。ただ、無意識の行動が一番危険なので、特に場所を移動する際や乗り物の中では意識的に動くようにしましょう。

PAGE TOP ↑