ちょっとの外出が日焼けにつながる・・・シミをこまめに防ごう

2015/08/05フェイス, ボディコメント(0)

C1508031

 

 

着替えをしている時、鏡を見てメイクをしている時、ふと今までなかったところにほくろやしみを見つけて、落ち込んだことはないでしょうか?

それは、数年前、十数年前に浴びた紫外線が原因になっています。

 

数年後、数十年後にできる限りシミを作らないよう、今から予防をしていくことが重要です。

 

 

サングラスを忘れずに!

 

最近の研究で、日光を浴びると、人の目を通して脳でメラニンが作られることが分かったそうです。ということは、日焼け止めだけではなく、目を紫外線から守ることも大切になります。

 

今日は太陽がまぶしい、と感じた時には、サングラスを忘れずにかけて出かけましょう。

 

 

家の中、5分の外出も油断しないこと!

 

基本的に家の中で過ごす日、ちょっとしか外出をしない日は、日焼け対策をしなくても大丈夫、と思っていませんか?

 

もちろん、外にいる時よりはたくさんの紫外線を浴びることはありませんが、日当たりの良い部屋やお店の中でも要注意です。また、5分ほどの外出でも日に焼ける可能性があるので、対策を忘れないよう心がけてくださいね。

 

 

まずは冷やそう!

 

もし、日に焼けてしまったかも、今日は外にいることが多かった、という時は、まず必ずと冷やしましょう。化粧水で保湿、またはフェイスシートで栄養補給を同時に行うのも良いようです。その上で、ビタミンを取り入れていきましょう。

 

温暖化の影響で、紫外線が数年前より強くなっているという事実もあります。焼けないように、と神経質になり過ぎてしまうのはあまり良い状態とは言えませんが、将来のために、できるケアからしていくことがおすすめです。

PAGE TOP ↑