夏の冷え対策が、心と体をコンプレックスから守ってくれる!

2015/08/08カラダの不調コメント(0)

C1508041

 

 

脱水症状を起こしてしまいそうな外の暑さに対して、電車の中やオフィス、お店の中はとても冷えています。入った時は涼しくて助かるのですが、ずっとそこにいると体の芯から冷えてしまうのを感じませんか?

 

女性にとって冷えは大敵です。夏の冷え対策で、心と体の健康を守りましょう。

 

 

足先、腰回りを冷やさないように!

 

デスクワークの人にとっては、パソコン作業での肩凝りに加えて、腰回り、足先が冷たくなってしまうケースが多くあります。冷えそうになる前に、ひざ掛けやレッグウォーマーで、体温が奪われないように心がけることが大事です。

 

また、腰をねじったり、足首を回したり、簡単なストレッチもおすすめです。

 

 

酵素風呂で体の芯から温まろう!

 

夏こそやってみてほしいのが、酵素風呂です。木のくずの中に、頭から足先まで入ること15分。それだけでデトックス間違いなしです。木の自然な香りと暖かさで、体はぽかぽか心も何だか癒されます。体を動かさなくて良いので、疲れている時にできるのも良いですね。

 

 

家では、湯船と扇風機!

 

暑い夏に面倒、と思われる人もいるかもしれませんが、夏こそ温かいお風呂に入りましょう。シャワーで済ませてしまうと、体がほぐれないだけでなく、自律神経も高ぶったままになる可能性もあります。そして、お風呂は眠る直前がベストです。

 

また、寝る時は冷房を極力つけず、扇風機を活用するようにしましょう。体温を逃がさない、楽な服装を選んでくださいね。

 

冷房で体が冷えると、猫背になりがちです。すると、心まで元気がなくなり、鬱状態に陥ってしまうケースが少なくありません。暑い時こそ、しっかり汗をかいて、たくさん笑って体を温めましょう。

PAGE TOP ↑