何だか会社で認められていない気がする・・・自信を取り戻そう!

2015/08/30仕事コメント(0)

C1508121

 

 

新入社員の頃は誰でも、慣れないことがたくさんある中でも、日々成長とやりがいを感じていたのではないでしょうか?

それが、年月を重ねるにつれて、諦めや疲れが出てしまう時があります。

体力の低下、自分を取り巻く環境の変化など、原因は様々です。

 

でも、それは過去の自分を振り返ったり、未来の自分と向き合ったりするチャンスの時でもあります。

多くの人に訪れるこの瞬間、乗り超える方法は無限にあります。

 

 

上司や先輩に相談してみよう!

 

自分の評価につながってしまうから、という不安もあり、なかなか相談できないのが、同じ部署の上司や先輩です。ただ、彼らの立場になってみると、相談されるというのは自分を信頼してくれる表現でもあり、嬉しいものです。

 

先輩たちも同じような時期があったはず、思い切って声をかけてみましょう。

 

 

他部署の同期や同僚の話も聞いてみよう!

 

同世代や同期入社の他部署の人に、客観的な意見を聞いてみるのもおすすめです。近い年齢でありながら、違う仕事をしているからこそ、新しい視点を持っています。他の部署の話を聞くことは、お互いのためになります。ぜひ気軽に誘ってみてください!

 

 

意外な救世主は後輩かも!

 

後輩に相談ごとなんてできない、と思う人もいるかもしれませんが、彼らは過去の自分と同じように、色々なことを学んでいる最中です。当時の気持ちを思い出すことによって、ヒントが見つかるかもしれません。また、後輩から先輩に声をかけるのは少し勇気がいることです。お互いのパフォーマンスをアップするためにも、まずは一声かけてみましょう。

 

この3つはあくまで例にすぎません。でも、学生時代の友達、家族、取引先、たくさんの人が見方になってくれる可能性があります。1人で考え込みすぎず、時には誰かに頼ってみましょう。そして、誰かが困っている時には、ぜひ経験を活かして、相談に乗ってあげてくださいね。

PAGE TOP ↑