バストアップの本当の意味

2015/10/05パストアップコメント(0)

 

C1407031

 

 

バストアップと言うと、ほとんどの方が「今よりも胸を大きくすること」と思っているようですが、本来のバストアップはそのような意味ではありません。

 

でも販売されているさまざまな商品の中には、敢えて「バストアップとはバストを大きくすること」と思い込ませるようなものが多く存在しています。

と言うよりは、そういう意味合いで販売しているものが大変多いという現実があります。

 

例えば「バストアップサプリメント」です。

 

「バストアップサプリメント」というキャッチコピーを使い「バストが大きくなる」効果を全面に押し出して販売されていますよね。

 

既に日本では「バストアップ=胸を大きくすること」が常識になっているのかもしれません。

 

バストアップの本当の意味とは?

 

C1407032

 

 

では本当のバストアップとはどのような意味なのでしょう?

そろそろあなたにも分かっているのではないでしょうか?

 

本来のバストアップとは「バストトップの位置を上にあげて、本来のバストの位置に戻す(垂れた胸を元の位置に戻す)」という意味なのです。

 

そういう意味では、バストアップエクササイズなどは本来の意味で使われていることが多いですね。

 

バストに関心の高い方なら知っていることと思いますが、バストというものは「なくても垂れる」のです。

『どんなに胸が小さくても垂れる』と言われているのです。

 

ですから胸が垂れるのを防ぎ、或いは垂れた胸を元の位置に戻すという意味で「バストアップ」という言葉は使われているのです。

ただ実際には、垂れた胸を元の位置に戻すことで見た的に「バストが大きくなったように見える」「実際にカップ数やサイズが上がる」ことから、胸を大きくするという意味合いもまんざら間違いではないのですが、やはりちょっと意味が違うのです。

 

バストアップすると胸が大きくなる?

 

C1407033

 

 

バストアップすると胸が大きくなるというのは何故でしょう?

 

胸の体積的には代わりがありませんが、垂れているとその分高さが減ってしまいます。

例えば水の入った風船をそのまま吊り下げるように持って風船の幅を計るのと、垂れないように下から支えた状態で幅を計るのとでは、垂れた状態のほうが幅が細くなることは分かりますよね。

 

胸もこれと同じで、持ち上げることでバストトップの位置が上がるだけでなく、バストそのものの高さが高くなりますし、ボリュームがあるように見えます。

 

ブラジャーを外した状態の胸と、胸を両手で下から持ち上げた状態とでは、明らかに持ち上げた状態のほうが大きく見えます。

 

つまりバストサイズを大きくしなくても、同じサイズのままバストトップの位置を高くするだけで「バストが大きくなったようにみえる」ということです。

逆に言えば、胸が垂れた状態では実際のバストサイズよりも小さく見えてしまうということになるのです。

 

 

PAGE TOP ↑