大きなバストの女性の写真につい目が行ってしまうコンプレックス

2015/11/03パストアップコメント(0)

C1407101

 

 

 

人間誰しもコンプレックスがあるものです。

女性のバストサイズだけではありません。

 

目の大きさ・背の高さ・髪の薄さなどなど、コンプレックスは人それぞれいろいろなものがあります。

 

コンプレックスに対して、一般的にはどのような反応が見られるでしょう?

 

例えば顔にコンプレックスがある人は、うつむき加減で顔をあげない傾向があるようです。

 

身長が高いことにコンプレックスがあると、猫背になって少しでも身長を低く見せようとするようです。

 

このように、コンプレックスの部分を隠そうとする傾向は何となく理解できますが、コンプレックスは逆に憧れにも通じるようです。

 

 

 

胸が小さいコンプレックスの傾向

 

C1407102

 

 

胸が小さいコンプレックスを持っている方の場合、どのような態度や行動が見られるでしょう。

 

やはり無意識に隠してしまおうとする傾向があるようで、前かがみや猫背などの体形や姿勢を取ることが多く、胸を張った姿勢を取れない方が多いようです。

 

この姿勢は癖になってしまい、いつも姿勢が悪く暗く見えてしまうだけでなく、バストを支える大胸筋の筋力低下などにもつながり、胸を大きくする妨げになってしまうという副作用にも繋がるようです。

 

水着姿も、胸の小さい方は避ける傾向があるようです。

 

パットなどで補強をするだけで、良い姿勢に戻る女性も多く、たとえ見せかけだけでも「胸があるように見える」ということが女性の自信につながることが伺えます。

 

 

胸が大きい女性に対するあこがれ

 

C1407103

 

 

やはり胸が小さいコンプレックスを持っている方は、胸が大きい女性に対する大きなあこがれがある反面、コンプレックスを刺激されて嫉妬心のようなものが芽生えてしまうこともあるようです。

 

それでも大きなバストに対する憧れは決して消えず、つい大きな胸の女性が居ると胸元に目が行ってしまい、慌てて視線をそらすということもあるようです。

 

同じ女性であるため、相手の方もあまり気にすることはないようですが、つい見てしまう本人のほうが気にしてしまうようです。

 

これに対して写真の場合だと人目をはばかる必要が無いため、視線は大きなバストに集中してしまうようです。

 

男性のようにエッチな気分で見るということではなく、どちらかと言えば品定め的な視線になるようですが、きれいな女性でも顔よりバストに視線が行く、素敵なセンスの女性でも服よりバストに視線が行くというのは、やはり大きなバストに対するあこがれが大きいからなのでしょう。

 

別に悪いことをしているわけではないのですが、何となく引け目を感じたり、よりコンプレックスが大きくなってしまい、精神的に悪循環に陥ってしまうこともあるようです。

 

 

PAGE TOP ↑